秘密の綱渡り

婚外恋愛です

膨らみ続ける…

宇宙の端っこはどうなってるのか考えるのが好きだった。

広がり続ける?

無限に?


それぞれの宇宙は、自分の心の中にあることにしよう。

そうしたら、端っこはなくてもいいの。


・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚


急遽彼と逢う事に。

車で彼の地元へ行く。


短時間で予定を済ませ、クレープ屋さんへ行きテイクアウト。


彼が若い頃使ってたというホテルへ(^^;


夜勤明けの彼だけど、どうしても私を抱きたいと♡


前回、大洪水になった私は恥ずかしさから彼に嫌いにならないでと泣いて困らせた。


今日も出そう…と気になる私に、

我慢しないで

ずっと一緒だから

大好きだよ

愛してる


そんな言葉を切ない表情で言う彼…

ホントにロマンチックな言葉を言ってくれて

幸せで感動して涙がでる。


最近SEX中いつも泣いてるかも…


もう、彼を信頼するって決めたんだから、彼に身を委ねよう。

快楽を貪ろう。


彼の男らしさ。

彼の気遣い。

彼のスケベ心。

彼の私への愛情。


ことが終わって。

とてもセクシーな表情で私を見つめる。

心のこもったKiss…

ホントに上手なの。

今までの女の子にも、こんなKissをしたの?


☆☆だけだよ…

☆☆より俺の方が好きが大きくないとダメなんでしょ?

☆☆以外は考えられない


愛情表現。

何度言葉にしてもし足りない。

ずっと一緒にいる。

ずっと離さないで。


ホテルを出た後は、彼の大切な場所につきあう。

彼の育った空間。

彼の日常…


私の恋人は、

息子でお兄ちゃんで、

そしてお父さん。

私だって、娘でお姉ちゃんで

お母さん…

いちいち切なくならなくていい。

今出逢ってしまって、今手放せないんだから。

今だけを見つめるんであれば、いいとこ取りしていけばよい。


でも、彼は言ったの。

「二人に光があたれば」

そうだね。

その想い。

火種を絶やさずにいよう。


まだまだ彼への好きが大きくなってる。

膨らみ続ける二人の宇宙空間。