秘密の綱渡り

婚外恋愛です

3億あったら♪♪

彼からの電話で。

寝かせておいた宝くじは¥300にしかならなかったわ笑笑


もし、3億当たったら…なんて想像して遊ぶの楽しい♪

駅近のマンション(防音室付き)を買ってくれることになっています(*^^)v


♤そうしたら、俺の奥さんになるんだよ?

☆わかった(๑•᎑•๑)♬*゜

♤約束ね!

☆その前に離婚成立させないとでショ笑


実際、彼は奥さんに離婚を申し出ているけれど、受け入れて貰えずな状態…

彼のお子さんが自立した時にまた動くことになるだろうとのこと。


私は…

気持ちの上では旦那との老後なんて絶対嫌なのだが…

現実問題、離婚することでマイナスな部分が生まれることは想像できるな。(特に仕事面で)


息子達が自立してからの話になるだろう。

それまでに状況変わるかもしれない。


色々めんどくさいことは置いといて(^^;

彼と一緒にいられたら、とても潤いのある生活を送れるだろうと思う。

私が選んだお揃いの食器とか、彼が日曜大工で作った家具とか。

一緒にランニングしてストレッチして、ピアノを弾いて映画を観て…

一緒に掃除して洗濯してお風呂沸かして入ってお風呂洗って…

一緒に買い物して料理して食べて飲んで後片付けして…

普通の普通の暮らしをしたいよ。


こうやって、想像しているうちが美しいのもわかってるしね。


でも、もしかしたら実現するかもしれない。

可能性がゼロではない。

焦らず騒がず。

とにかく健康で仲良くしていたいです(๑´꒳`๑)

たくさん逢えてる゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚

過去最高に逢えています。

次の予定を入れると、3週間で6回!

普通の恋人同士みた〜い(♡ˊ艸ˋ)♬*


今日は、彼のお休みに合わせて私が仕事を調整して、約半日一緒に過ごせました(*Ü*)*.¸¸♪"


繁華街のホテルを拠点に、川沿いで練習会、ホテルで私のお弁当、部活(イチャイチャ♡)、オシャレな焼き鳥のお店、ホテルで部活(イチャイチャ♡♡)

最後は家まで送ってもらって、おしまい。

この度も盛りだくさんのデートでした(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°


仕事忙しくなったのに、デートの頻度が上がってる…?

たくさん逢えてることで、色んなこと頑張れるって言ってくれてます。

それは私も同じこと。

2人とも、忙しいくらいがちょうどいい性分なのです。


彼とお付き合いして、寂しいと思ったことが1回もないの。

私が逢いたいと望んだら、何とかして逢えるようにしてくれるし、LINEで放置されたことがない。(ケンカした時くらい(^^;)←ケンカも1回だけ。

ホントに恋愛上手な人で幸せだな♡


おまけに、ここのところ私は、彼のしてくれる快楽によりレベルアップしちゃっていて、ますます彼から離れられないと強く感じていて。

彼のテクニックが向上したのもあるけど、精神面、バイオリズム、そんなものが上手く働いていて、二人でつくる世界は相変わらず右肩上がりです♡


この歳になっても、女を楽しんでいられるなんて感謝しかないです。


こんな風に、感謝の気持ちを伝えると、私が気持ちよくなる、幸せな気持ちになる、その事が俺の幸せだ、と言ってくれます。


私も彼を幸せにしたいな。

私を離さない、と、ずっと言ってもらえますように…

色んな想いが色んな方向で。

最近、旦那の調子がよくて、体に良いことしだした。

私と同じことし出したら困るな…

こっち寄って来ないで欲しい…

なんて話をしてた。


彼は、

ものすごく嫌だけど、旦那の状態が安定するのなら喜ばしいこと。

私のストレスがなくなる方が大事だな、と。


☆うん…でも♤のほうがいいの。

♤俺もだよ

☆ずっと好きでいることに決めたもん。

♤ありがとう

☆でも、私より好きじゃないとダメだよ(先日のネタを確認(^^;)

♤負けないよ♡


・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚


早朝に、彼から今日逢えないかとのLINE。

私は仕事のない日…

途端に優先順位が上がる。

昨日掃除機かけたし、洗濯機は回ってたから終わったら慌てて干して、高速飛ばして50㌔離れた彼の住む街へ行く。


夜勤明けの彼…

でも、お天気で山菜日和なので山へ行きました(^^;

軽く採って、お部屋へ。


いつになく切なそうな様子の彼。

逢いたかった…

旦那に嫉妬してた、と。


私には幸せでいて欲しい。

それには旦那が元気でいた方がいい。

でも、旦那が元気で調子がいいと、私の気持ちが自分から離れてしまうのではと考える、と。


好きでたまらない。

こんなに人を好きになれて最高なんだ。

そんな風にまっすぐな気持ちを私に向けてくれている。


そして。

彼のありったけをぶつけるように私を抱く。

私に愛の言葉を囁きながら…

「☆☆、好きだよ。大好き。」

「ずっとずっと離さない…」

強く激しく

それ以上に優しく


私は快楽の海に漂うだけ


恋愛小説の中のことだと思ってた…

この歳になって、こんなにも深い愛情を注いでもらえることができるなんて…


いつも大きな心で私を受け止めてくれていて、彼のおかげで安心して綱渡りしている。

だけど、旦那へ嫉妬していると言ったり、多分その気持ちをどうにかしたいと思い、突発だけど私に逢いたいと言ってきたこと…

彼もゆれるんだな。


ものすごく嬉しい

そして切ない

このまま二人でどこかへ行ってしまえたらいいのに…


私の旦那への気持ちも、旦那が調子がいいと罪悪感が頭をもたげてくる…

でももう、すっかり心は離れてしまったな…

息子達が自立するまで、平和そうな家族を演じ続けなければと思っている。


それより、彼の想いを、彼の愛情を裏切ることは出来ないな…

こんな秘密の関係だけど、誠意を感じているんです…


色んな想いが色んな方向で。

私も心がバラバラになりそうになる…


ひとつひとつの答えはファジーに、でも、色んな方向向いてる想いは束ねておく。


自分の気持ちを持て余しそうになるのをこらえて。

そして彼に投げかけて受け止めてもらう。

私がバラバラにならないように…