秘密の綱渡り

婚外恋愛です

彼の真っ直ぐな想い

今までに何度か、私の気持ちがトーンダウンしたことがあった。


初めの頃、私との関係にはしゃいでいたみたいで。彼はエッチな発言ばっかりで。

私は甘い言葉でムード作りして欲しいとお願いしたことも。

あんなことやこんな事してみたいとネットで調べまくって、暴走しそうになってたから、変態とは付き合えません、と言ってみた笑

その後は私の顔色伺いつつ、相談しながら〇〇〇楽しむために色々チャレンジするようになった。


お付き合いして半年くらいしてから初めて夜飲みに行ったけど、その時も彼ははしゃいで汗

酔っ払って大声で喋ってるのが気になった私。

いわゆるノリのいい人なんだよね。

よく言えば、少年の心を無くしていないというか…

でも、秘密の関係なんだよ、気づかれないようにしないと…

彼のデリカシーの無さが嫌だなと思ったし、気になる私も私で器が小さいのかな、なんて思って…

初めて機嫌悪くなったんだったな。

それからは、外デートでは私が帽子&メガネ&マスクすることにしたし、大声で話すのを自粛すると誓ってくれました笑


もともととても明るい彼。

お喋り好きです。

出会ってから1年くらいの初めてのお泊まりの時、またはしゃいでいたのか(^^;自分のことばかり喋っていて、かなりうんざりしちゃった。

この人ほんとに子供なのかも、と、それからひと月会うのをやめた。

LINEもほとんどしなかった。

あからさまだったから、彼も私の変化に気づいていた。

そして、約束の日…

私は大人の紳士な男に癒して貰いたいのだと打ち明けた。

今のままではこの関係を続けるには、私の求めている男性像と違う、とはっきり言わせてもらった。

彼は、私の理想の男になれるよう努力する、と言ってくれた。


私って高飛車な女だな。

でも、彼は努力が楽しかったみたいだし、痩せて落ち着きが出てとても魅力的な男性になった。

私に出会ってからの自分の方が気に入っていると。

職場の人達にも、変わったねとよく言われているらしい。


私としては、我慢してまで付き合う気はなかったのだし、自分を安売りする気はなかったし…

彼が変わらなければ関係をやめるだけ、と思っていた。


でも、彼がとても素直に私の願いを叶えたい、私の理想の男に近づきたいと思ってくれて、そんな彼の真っ直ぐな想いがじわじわと私の心を彼でいっぱいにしていった。

同じ気持ちになるのに…

去年の今頃の私の気持ち…


・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚


昨日はずっとくっついていたの

愛しくて

真面目な顔が私を見つめる

優しい眼差しが私を包み込む

愛しくてたまらない

動けなくなるほどの〇〇〇

カラダも心も満たされて


大丈夫だよ

そばにいるよ

一緒だよ


彼の好きが私より好きじゃなくなったら辛いだろうな、に…

それはないよ、と彼。

裏切ることはない。

好きが少なくなるなんて想像できない。

そんなに私のこと好きなの?に

好きだね、と彼

全くの迷いのない応え

メロメロになる

若くないからしていいやり取り


Dear♤♤


昨日は素敵な時間をありがとうございました。

家まで送っていただき大変助かりました。

悪天候の中帰るのは大変だったと思います。

本当に感謝してます。


♤♤はわかってる

ものすごくわかってる

私との恋愛の舵取りをわかってる


昨日の圧倒的なあなた

私を快楽の大海原に放り出して

そしてまた捕まえにきた

あなたの〇〇〇の前に私は為す術もない

漂うだけ

泣きたくなるような不安と満足感

あなたに溺れそうになってる

優しく抱き上げて包み込んで癒してくれる

あなたによって生かされてる


昨日はくっついているしか能のない私でした。

幸せでした。



同じ気持ちになるのに2年かかった

初めての不倫だったし…

アホでチャラついた印象の人だったから。

でも、本当は真面目で柔軟でポジティブ。

おまけに彼の私への想いは日毎に増して

日毎に優しく

日毎に分かってくれて

どんどん大きく私を包み込むから

私は彼への信頼を厚くしていけた

自分を解放して

心と体を預けて

彼の導くままに

快楽に漂うことができるようになった


♤♤はすごいな

それだけ私に真剣だったのがわかる

私に捨てられたら立ち直れないってよく言ってたな

私を尊敬してるとか

それだけ私を評価してくれてありがたい

追いかけてくれていてありがたい

いい男になってくれた

私好みの男に

もともと面倒くさがらない

マメで清潔な人だからなんだよな

要望

彼との関係が始まったばかりの頃

スケベ全開の彼

でも、私が気持ちよく楽しめるように、私の要望に応えてくれていた。


まず私がお願いしたのが、髪を撫でて欲しいということ。

私、髪がチャームポイント。

今でも天使の輪があるの。

ツヤツヤサラサラのストレートロングで、みんな私の髪を褒めてくれる。

触られるのもとても好き。


それからKiss

彼はベロ〇ユー一辺倒な感じだったから、なんだか色気がなくて。

動画『Kiss×キス×Kiss』を送り付けてみたり…

ほっぺたや瞼にKissしてあげると、あまりされた事なかったみたいで新鮮だったみたい。


ヤルことは豊富だけど、愛情たっぷりな行為があまり経験なかったよう。

それこそ、女子の好きそうなムードたっぷりな行為を要求して、彼も楽しんで取り入れてくれました。